2017年4月7日金曜日

美肌に悪い食べ物 

せっかくの美肌をダメにしてしまう食べ物とは、体を酸化させたり、肌トラブルを誘発させる食べ物のことです。

具体的には、動物性脂肪、化学調味料、灰汁の強い食べ物などが、これにあたります。

特に、動物性脂肪は要注意です。多くの人が大好きな焼肉やステーキなどを沢山摂取すると、直ちに肌の調子が狂ってしまいます。

動物性脂肪はとても酸化しやすく、酸化した脂肪酸は内臓や皮膚にも悪影響を与えるんです。摂取に注意して、できれば、食べないようにしましょう。

 次に化学調味料です。これは現代社会では全く排除するのは難しいです。マックやカップラーメンはもちろん、冷凍食品からコンビニ弁当やスーパーのお惣菜コーナー、ファミレスまで至る所で沢山使用されているからです。しかも、加工済みの食材などにも入っているケースもあります。これを避けるには、素材からの調理を全て自分で行うしかありません。

さらに、化学肥料や農薬、牛や豚を飼育するときの肥料などにも結構危険な物質が入っているケースもあるようです。

このように、食べ物まで考え始めるとキリが無くなりますが、例えば、有機野菜を使うなど、自分で可能な限り努力の努力は必要ですね。

「ホワイトニングリフトケアジェル」で美白・美肌作り♪

0 件のコメント:

コメントを投稿